愛する中央区のために…

わたしは『子ども達のため、今自分ができることを』と、地元小学校のPTA会長や 少年補導員など、教育環境の改善に全力投球してきました。 平成15年より保護司として更正を支援する担い手にも就任。

愛する中央区のお役に立ちたい。その思いは人一倍であると自負しています。


また昨今、高齢者や単身世帯が増加し、子どもが極端に減っている都市部の空洞化が今、深刻な問題になっています。 お年寄りが生きがいを持ち、若者がいきいきと暮らし、子どもの明るい歓声が聞こえてこそ、 安心して笑顔で暮らすことのできる街であるといえます。 この中央区をそんな住み心地のよい街にしていきます。