公明党 福岡市議会議員(博多区)石田まさあき

公明党 福岡市議会議員(博多区)石田まさあきプロフィール

昭和27年生まれ(56才)

昭和46年、八幡大(現、九州国際大)付属高等学校卒業。

昭和50年、日本大学法学部政治経済学科卒業。

昭和50年、公明党福岡県本部職員。

       党県青年局長・党県議会局次長歴任。

平成11年、福岡市議会議員初当選、現在二期目。

平成 13年、那珂中学校PTA会長等も歴任。

平成15年、第三常任委員会(経済振興、農林水産、港湾)副委員長。 党:県教育局次長歴任。

平成15年、第四常任委員会(建築、消防、都市整備局)委員長就任。党県広宣局次長。

平成 16年、現在第四常任委員会委員。市総合計画審議会委員

         市住宅審議会委員。税財政制度協議会委員。

           板付基地返還促進協議会常任委員。

             市交通安全推進協議会委員。

趣味/魚釣り(海釣り公園等)、大相撲観賞。

好きな色/ブルー。

好きな食べ物/ラーメン。
家族/妻と三女の5人家族。

住所/福岡市博多区那珂

石田まさあき政治理念

たった一人の声もどんなちいさな声も聴き取るために、「語る会」を定期的に実施。
ここでは私が思った通り、毎回地域からたくさんの要望を吸い上げることができます。
相談を受けその都度、余さず相談手帳にメモを心掛け、これは議員生活の習慣としてすっかり定着しました。
その要望の中でもちいさな声ほどより大切にしたいというのが私の信念。
声にならない声ほど私を強く動かすのです。
何とかしたい!という自分らしい本物の情熱があるからこそ、行政を動かすこともできたのだと自負しています。 そして、問題解決した時に現場で相談者と二人手を取り合い、喜びを分かち合う-それは観客のいないクライマックスですが、言葉につくせない感動です。
日々新たなこの感動を糧に、私は今後もいきいきと輝く博多区づくりに邁進していきます。

↑ ページの上部へ